Friday, November 28, 2014

mysqlbinlogはポイント·イン·タイム·リカバリの例で失われたMySQLのデータを回復

Original post: http://anothermysqldba.blogspot.com/2014/11/recover-lost-mysql-data-with.html

バックアップ...バックアップ...バックアップ...しかし、もちろん..あなたもそうでない場合、彼らは価値のない可能性があり、多くの場合、それらのバックアップを監視し、テストする必要があります。 MySQLの持つバイナリログは、確かにだけでなく、緊急時にあなたを助けることができる可能にした。 MySQLのバイナリログは、多くの場合、MySQLのレプリケーションに関してで参照され、正当な理由のために、彼らはデータ(変更するクエリまたはイベントをすべて保存し、行ベースが少し異なっているが、この例を)。 それらが提供する回復オプションを検討する際にバイナリログには、サーバーのパフォーマンスへの影響を最小限に抑えています。 


[anothermysqldba]> show variables like 'log_bin%'; 
+---------------------------------+--------------------------------------------+ 
| Variable_name | Value | 
+---------------------------------+--------------------------------------------+ 
| log_bin | ON | 
| log_bin_basename | /var/lib/mysql/binlogs/mysql-binlogs | 
| log_bin_index | /var/lib/mysql/binlogs/mysql-binlogs.index | 

show variables like 'binlog_format%'; 
+---------------+-------+ 
| Variable_name | Value | 
+---------------+-------+ 
| binlog_format | MIXED | 
+---------------+-------+ 


だから、これはバイナリログからデータを回復し、それをデータベースに戻って適​​用するためにmysqlbinlogはを使用して単純な例です。 

まず、失うために何かを必要とする。 何かが私達のデータベースに起こることだった場合は、我々はデータを回復できるようにする必要がありますまたは多分それはちょうど誰かのミスから回復するための方法です。 


CREATE TABLE `table_w_rdata` ( 
`id` int(11) NOT NULL AUTO_INCREMENT, 
`somedata` varchar(50) CHARACTER SET utf8 COLLATE utf8_unicode_ci NOT NULL, 
`moredata` varchar(50) CHARACTER SET utf8 COLLATE utf8_unicode_ci NOT NULL, 
PRIMARY KEY (`id`) 
) ENGINE=InnoDB; 

私たちはここにふりをし、我々は非常によく、通信および/またはそのコードのコピーを保存していない開発者/ DBAはを持っていると仮定することができます。 


delimiter // 
CREATE PROCEDURE populate_dummydata( IN rowsofdata INT ) 
BEGIN 

SET @A = 3; 
SET @B = 15 - @A; 
SET @C = 16; 
SET @D = 25 - @C; 

WHILE rowsofdata > 0 DO 
INSERT INTO table_w_rdata 
SELECT NULL, SUBSTR(md5(''),FLOOR( @A + (RAND() * @B ))) as somedata, SUBSTR(md5(''),FLOOR( @C + (RAND() * @D ))) AS moredata ; 
SET rowsofdata = rowsofdata - 1; 
END WHILE; 
END// 
delimiter ; 
call populate_dummydata(50); 

> SELECT NOW() \G 
*************************** 1. row *************************** 
NOW(): 2014-11-27 17:32:25 
1 row in set (0.00 sec) 

> SELECT * from table_w_rdata WHERE id > 45; 
+----+----------------------------+------------------+ 
| id | somedata | moredata | 
+----+----------------------------+------------------+ 
| 46 | b204e9800998ecf8427e | 0998ecf8427e | 
| 47 | d98f00b204e9800998ecf8427e | 8ecf8427e | 
| 48 | b204e9800998ecf8427e | 800998ecf8427e | 
| 49 | 98f00b204e9800998ecf8427e | e9800998ecf8427e | 
| 50 | 98f00b204e9800998ecf8427e | 998ecf8427e | 
+----+----------------------------+------------------+ 

1プロシージャが作成されている間、それは後に、他の間違って誰かによって上書きされる。 

DROP PROCEDURE IF EXISTS populate_dummydata ; 
delimiter // 
CREATE PROCEDURE populate_dummydata( IN rowsofdata INT ) 
BEGIN 

SET @A = 3; 
SET @B = 15 - @A; 
SET @C = 16; 
SET @D = 25 - @C; 

WHILE rowsofdata > 0 DO 
INSERT INTO table_w_rdata 
SELECT NULL, SUBSTR(md5(''),FLOOR( @C + (RAND() * @A ))) as somedata, SUBSTR(md5(''),FLOOR( @B + (RAND() * @D ))) AS moredata ; 
SET rowsofdata = rowsofdata - 1; 
END WHILE; 
END// 
delimiter ; 

call populate_dummydata(50); 
> SELECT NOW(); SELECT * from table_w_rdata WHERE id > 95; 
+---------------------+ 
| NOW() | 
+---------------------+ 
| 2014-11-27 17:36:28 | 
+---------------------+ 
1 row in set (0.00 sec) 

+-----+-------------------+---------------------+ 
| id | somedata | moredata | 
+-----+-------------------+---------------------+ 
| 96 | 4e9800998ecf8427e | 00998ecf8427e | 
| 97 | 9800998ecf8427e | 800998ecf8427e | 
| 98 | e9800998ecf8427e | 204e9800998ecf8427e | 
| 99 | e9800998ecf8427e | 4e9800998ecf8427e | 
| 100 | 9800998ecf8427e | 04e9800998ecf8427e | 
+-----+-------------------+---------------------+ 


手続きの置き換えバージョンは思ったチームのようなランダムな値を生成していません。 手続きの元の作成者は、ちょうど欲求不満から終了します。 だから何をするか? それは同様に作成されてから少し時間が過去を持っています。 私たちは私たちのために、データベース名、ルーチン名と誤った手順が作成された一般的な時間枠と幸運を知っているビンログの周りに残っているので、我々はそれを取りに行くことができます。 

私たちはちょうどたいので、周りの一般的な外観を取らなければならないポイント·イン·タイム·リカバリーこのprocedure.Weの手順とその前後バイナリログ内の位置を見つけることが起こる。 


NOW(): 2014-11-27 19:46:17 
# mysqlbinlog --start-datetime=20141127173200 --stop-datetime=20141127173628 --database=anothermysqldba mysql-binlogs.000001 | more 

at 253053 
at 253564 

# mysql anothermysqldba --login-path =local -e "DROP PROCEDURE populate_dummydata"; 
# mysqlbinlog --start-position=253053 --stop-position=253564 --database=anothermysqldba mysql-binlogs.000001 | mysql --login-path =local anothermysqldba 


> SHOW CREATE PROCEDURE populate_dummydata\G 
*************************** 1. row *************************** 
Procedure: populate_dummydata 
sql_mode: NO_AUTO_VALUE_ON_ZERO,STRICT_TRANS_TABLES,NO_ZERO_IN_DATE,NO_ZERO_DATE,ERROR_FOR_DIVISION_BY_ZERO,NO_AUTO_CREATE_USER,NO_ENGINE_SUBSTITUTION 
Create Procedure: CREATE DEFINER=`root`@`localhost` PROCEDURE `populate_dummydata`( IN rowsofdata INT ) 
BEGIN 

SET @A = 3; 
SET @B = 15 - @A; 
SET @C = 16; 
SET @D = 25 - @C; 

WHILE rowsofdata > 0 DO 
INSERT INTO table_w_rdata 
SELECT NULL, SUBSTR(md5(''),FLOOR( @A + (RAND() * @B ))) as somedata, SUBSTR(md5(''),FLOOR( @C + (RAND() * @D ))) AS moredata ; 
SET rowsofdata = rowsofdata - 1; 
END WHILE; 
END 
character_set_client: utf8 
collation_connection: utf8_general_ci 
Database Collation: latin1_swedish_ci 
1 row in set (0.00 sec) 

NOW(): 2014-11-27 19:51:03 
> call populate_dummydata(50); 
> SELECT * from table_w_rdata WHERE id > 145; 
+-----+-----------------------------+------------------+ 
| id | somedata | moredata | 
+-----+-----------------------------+------------------+ 
| 146 | 98f00b204e9800998ecf8427e | 800998ecf8427e | 
| 147 | cd98f00b204e9800998ecf8427e | 800998ecf8427e | 
| 148 | 204e9800998ecf8427e | 98ecf8427e | 
| 149 | d98f00b204e9800998ecf8427e | e9800998ecf8427e | 
| 150 | 204e9800998ecf8427e | 9800998ecf8427e | 
+-----+-----------------------------+------------------+ 


私たちは、経由で、バイナリログから私たちの手順を回復したポイント·イン·タイム·リカバリー  
これは単純な例ですが、それはあなたが前進して使用できるツールの例です。 

バイナリログは非常に価値があるのはこのためです。 

参考URL: 

Wednesday, November 12, 2014

systemctlとMySQL

Original post: http://anothermysqldba.blogspot.com/2014/11/systemctl-and-mysql.html

だから、一部のユーザーはyumのは、MySQLのインストールとMySQLサーバを起動するには、次のコマンドを使用できるように期待して完了:: "そのようなファイルまたはディレクトリ"を取得しないことだけを開始/etc/init.d/mysql

だから、これはsystemctlコマンドを使用するのに役立つ迅速なポストである。
あなたはこれを見て可能性があります:
# systemctl list-unit-files | grep mysql 
mysqld.service disabled

最初に私はに行く推薦するtools.percona.comと有効なmy.cnfファイルを作成します。

だから、解決策は簡単ですが、私たちはちょうどので、データベースが起動するサーバー上で起動することができますこれを有効にする必要があります。

#systemctl enable mysqld.service 
ln -s '/usr/lib/systemd/system/mysqld.service' '/etc/systemd/system/mysql.service' 
ln -s '/usr/lib/systemd/system/mysqld.service' '/etc/systemd/system/multi-user.target.wants/mysqld.service' 
#systemctl start mysqld 
#systemctl list-unit-files | grep mysql 
mysql.service enabled 
mysqld.service enabled

今、あなたは行くために良いことがあります...