Saturday, August 10, 2013

Percona Xtrabackupとスレーブ(セカンダリ)サーバを作成

Original post: http://anothermysqldba.blogspot.com/2013/08/create-slave-secondary-server-with.html

だから、最初のあなただけの自分自身にいくつかの時間を節約し、このためのPercona例を読むことがあります。
http://www.percona.com/doc/percona-xtrabackup/2.1/howtos/setting_up_replication.html

しかし、念のためにここに実際の状況に基づいて、一例です。

プライマリサーバ

# innobackupex /tmp/ <---- this is whatever directory you want to store the backup in. This is a very basic no fluff hot backup.

InnoDB Backup Utility v1.5.1-xtrabackup; Copyright 2003, 2009 Innobase Oy
.........
130809 14:40:11 innobackupex: Connection to database server closed
130809 14:40:11 innobackupex: completed OK!

あなたはxtrabackup_binlog_infoファイルを参照してください確認してください。 そうしない場合は、簡単に位置やログ情報を持っていないでしょう。 あなたは、必要以上の作品です時間等に基づいてバイナリログを掘り下げなければならないでしょう。

innobackupex --apply-log /tmp/<Timestamp Directory Here>

今、あなた次第。 あなたは、スレーブにスレーブまたはtar [GZIP]次にSCPにrsyncのディレクトリができます。 関係なくスレーブに移動する方法、作成ホットバックアップと行く準備を持っている。


セカンダリサーバ

# /etc/init.d/mysql stop
mv /var/lib/mysql /var/lib/mysql_ORIG

しかしあなたは、マスターからスレーブにファイルを移動したdatadirのフォルダに中身を入れて、例えば想定:は/ var / libに/ mysqlの。

# chown -R mysql:mysql mysql
/etc/init.d/mysql start
Starting MySQL... [ OK ]

今すぐあなたのスレーブMySQLサーバでは、簡単に複製ユーザー情報を設定することができます。

CHANGE MASTER TO
MASTER_HOST='<MASTER_HOST>',
MASTER_USER='<MASTER_USER>',
MASTER_PASSWORD='<MASTER_PASSWORD>',
MASTER_CONNECT_RETRY = 10 ;

xtrabackupファイルからログと位置を取得します。

# more xtrabackup_binlog_info
<BinLog info> <POSITION INFO>

CHANGE MASTER TO MASTER_LOG_FILE='<BinLog info>', MASTER_LOG_POS=<POSITION INFO>;

Start slave;


一言で言えば、それはそれです。 詳細については、開始時に与えられたPerconaのURLを確認してください。