Thursday, March 27, 2014

Perconaクラウドツール

Original post: http://anothermysqldba.blogspot.com/2014/03/percona-cloud-tools.html

だから私は本当にPerconaは手を差し伸べるとしてMySQLの懸念や問題を分析するためのソリューションを提供しているという事実のようなcloud.percona.com

これは、インストールが非常に簡単です。 最速の方法は、私が持っている、Percona YUMレポがインストールされていることです別のブログ 、必要に応じてそのことについては、だから、PT-エージェントがインストールされています。

私はそうしないと、ユーザー名とパスワード情報を設定する必要が、rootユーザー用に設定。my.cnfファイルを持っていたので、これは簡単に行われていた。

にログインcloud.percona.comまず移動してエージェントをインストールする。

# pt-agent --install
Step 1 of 12: Verify the user is root: OK
Step 2 of 12: Check Perl module dependencies: OK
Step 3 of 12: Check for crontab: OK
Step 4 of 12: Verify pt-agent is not installed: OK
Step 5 of 12: Verify the API key:
Enter your API key: <API KEY HERE provided on the percona website>
Step 5 of 12: Verify the API key: OK
Step 6 of 12: Connect to MySQL: OK
Step 7 of 12: Check if MySQL is a slave: NO
Step 8 of 12: Create a MySQL user for the agent: OK
Step 9 of 12: Initialize /etc/percona/agent/my.cnf: OK
Step 10 of 12: Initialize /root/.pt-agent.conf: OK
Step 11 of 12: Create the agent: OK
Step 12 of 12: Run the agent: pt-agent has daemonized and is running as PID 16333:

--lib /var/lib/pt-agent
--log /var/log/pt-agent.log
--pid /var/run/pt-agent.pid

These values can change if a different configuration is received.
OK
INSTALLATION COMPLETE
そのような単純な..それからちょうどPerconaのウェブサイトに再度ログインhttps://cloud.percona.comシステムあたりのエージェントの設定を有効にして調整します。

データの最初の量を収集するために、それを約15分を与え、その後、すべてのあなたの指先でデータに設定されている。 あなただけのウェブサイト上で提供される「クエリ分析」ボタンをクリックします。

のMySQLブランチによっては、別の分析を取得し、明らかにPerconaは彼らのツールを使用してPerconaサーバー5.5.34以降を使用することを好むだろうが、それはすべてのMySQLで動作します。

あなたのエージェントいったん戻っPerconaにデータを送信された、クエリのプロファイルを介して提供クエリーカウントあたりのサーバーの概要のグラフ、照会時間、ロック時間、送信された行、調べ行、クエリの長​​さだけでなく、情報を表示することができます。

「ファイルソートはファイルソートがディスクにフル参加フルスキャンクエリキャッシュのヒット一時テーブルディスク上の一時テーブルのみ使用できますPerconaサーバー。 " - cloud.percona.com