Monday, May 13, 2013

のMySQLクレド

Original post: http://anothermysqldba.blogspot.com/2013/05/a-mysql-credo.html

クレド:信条、原則あるいは意見陳述。 

2013年のMySQLカンファレンス( Percona Liveは、 )私達の後ろであり、我々はすべてのMySQLのプレイヤーが一つの場所で再び一緒に来ました。 話と一緒に学ぶことがすべてできるセッションと多くの人々。 それは私の思考を持って、いくつかの理由のために、今日は、次の考えを開発しました。 

MySQLのコミュニティでは、活気のある、インテリジェントコミュニティです。 私たちは、ボランティアと学ぶこと熱望トップエンジニア、強力なソフトウェア企業と同様、熱心と興奮した新人で構成されています。 任意のコミュニティのように、物事は、これらの変更の妥当性をめぐる議論を変更して、我々。 我々はMySQLのバグデータベースの変更に懸念を示されており、Oracleの応答を聞いたことがある。 我々は拡張やパッチを提供する能力に懸念を示されており、Oracleの応答を聞いたことがある。 我々は有効な懸念を持っているとOracleは、有効な回答を持っています。 それは我々が全体としてMySQLコミュニティボランティアとサポートし続けいくら私たちに任されています。 私はもちろん、MySQLの、PerconaやMariaDB、我々はすべてに関係なく、あなたが使用することを決定した味やMySQLのそれをサポートしていきたいと考えています。 

我々は何が必要ですか、全体としてのボランティアの支援を継続です。 


私は1つだけです 
しかし、私は一人です。 
私はすべてを行うことはできませんが、 
しかし、私は何かを行うことができます。 
そして、私は、すべてを行うことができないため 
私がやることを拒否することはありません 
私が行うことができますか。 
私は何ができるか、私が行う必要があります。 

我々は、すべてのまた、する必要があります: 


  • 存在する問題を認識
    • ある種の問題が常に意志
  • 私たちの社会契約の交渉が発生する必要があり
  • コミュニティの成功の私達の個人的な責任を受け入れる
  • 他人に力を与えることができる地域社会のリーダーを奨励
  • コミュニティ内の他の人に希望を、機会感を助長する
  • 主要な問題はほとんどシングル管轄することで解決できないことを認める
  • リソースを共有し、電力や情報。
"自由と義務、自由と責任。契約です。" - ジョン·W·ガードナー

"我々は、すべての偉大な機会を一連に直面しています - 見事に不溶性の問題を装った。"
ジョン·W·ガードナー
(健康、教育と福祉のアメリカの作家と長官、1912年から2002年)