Tuesday, May 7, 2013

ユーザーが以前のコマンドライン上で 'のmysql'に設定されていました....​​.ので、[警告]

Original Post: http://anothermysqldba.blogspot.com/2013/05/warning-because-user-was-set-to-mysql.html



shell> scripts/mysql_install_db --basedir=/usr/local/demouser --datadir=/var/lib/demodb --user=demouser --ldata=/var/lib/demodb

Installing MySQL system tables...


[Warning] Ignoring user change to 'demouser' because the user was set to 'mysql' earlier on the command line


Installation of system tables failed !
 

これは、あなたが入力したコマンドに振り返って、自分自身に疑問を開始すると、エラーになります。 それが表示されたエラーではありません。 すでにインストールされているか、一度やったサーバーに、MySQLをインストールしている場合には、my.cnfファイルが所定の位置に現在ある可能性があります。 このファイルには、アクティブ·サーバーに対して非常に有効である可能性があり、それは、これらのケースでは放置されても大丈夫です。 このエラーの修正は、デフォルトをオーバーライドして、MySQLサーバがお好みのユーザ名を含む別のファイルからプルできるようにすることです。 あなたは、ファイル内のユーザー名を変更することができますが、それはあなたが上記のエラーを取得して、再度実行する方法の例ですので、以下、他のものをテストしてやって探している可能性があります。




shell> cp support-files/my-small.cnf /etc/demodb.cnf
shell> vi /etc/demodb.cnf
ポート= 3307
ソケット=を/ tmp / demodb.sock

ユーザ= demouser
PID_FILE =の/ var / libに/ DEMODB / demodb.pid

シェル> ​​スクリプト/ mysql_install_dbを-デフォルトファイル=の/ etc / demodb.cnf   - BASEDIR =は/ usr / local / demouser - datadirの=の/ var / libに/ DEMODB -ユーザ= demouser - LDATA =の/ var / libに/ DEMODB


MySQLのシステムテーブルをインストールしています...
OK
ヘルプテーブルを充填...
OK



再び、my.cnfファイルは、現在mysql_install_dbを存在する場合、そのファイルを使用しようとします。 多くの場合、そのファイルにユーザ名が" ユーザーがコマンドラインで、以前の'のmysql'に設定されていました "というエラーにつながった設定されています


shell> chown -R demouser /var/lib/demodb/*
shell> # bin/mysqld_safe --defaults-file=/etc/demouser.cnf --user= demouser --datadir=/var/lib/demodb/ --port=3307

# Next command is optional
shell> cp support-files/mysql.server /etc/init.d/demodb.server

shell> # bin/ mysql --port=3307 --socket=/tmp/ demodb .sock
Welcome to the MySQL monitor. Commands end with ; or \g.
Your MySQL connection id is 1
Server version: 5.5.30 Source distribution

Copyright (c) 2000, 2013, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.